読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7's Library

小説書いたり本作ったり短歌詠んだり感想呟いたり

Twitter300字ss:優しい夢に沈む

小説(掌編)

 

Twitter300字ssで書いた掌編です。

お題:クリスマス

ジャンル:オリジナル、親子モノ

 

■ 優しい夢に沈む  ■ 

 

イヴの夜にはサンタさんがやってきて、枕元に置いてある靴下の中にプレゼントを入れてくれるの。あ、サンタさんっていうのは赤い服を着たお爺さんで、トナカイが引くソリに乗ってくるのよ。

そして、クリスマスの朝、目が覚めた子どもたちはワクワクしながら靴下を引っくり返すの。

 

もちろん、ミキちゃんのところにもやってくるわ。

大丈夫よ。サンタさんは子どもたち一人ひとりが欲しいものをちゃーんと知ってるの。

だから心配しないでおやすみなさい。

 

 

目が覚めた私は一人ぼっちの部屋で泣いた。

サンタさんは夢の中でお母さんに会わせてくれた。

でも、お母さんはもういない。

私はお母さんが編んでくれた、もう何も入っていない靴下を抱きしめた。