読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7's Library

小説書いたり本作ったり短歌詠んだり感想呟いたり

Twitter300字ss:ひとり飯

小説(掌編)

 

Twitter300字ssで書いた掌編です。

お題:匂い

ジャンル:オリジナル、レシピ

 

■ ひとり飯 ■

 

フライパンを火にかけてサラダ油をたらり。油が全体に行き渡るように動かしてしばらくそのままに。温まったかな、と思ったところでひき肉をぽいっ。ジュッという音とともに、肉の、油をまとった匂いが鼻孔をくすぐる。

木製しゃもじで肉がバラバラになるよう炒め、肉の赤みが完全に消えたところで適当に塩胡椒。軽く炒め、しゃもじで少しだけすくって味をみれば、肉の香ばしい匂いと適度な塩気。

ただの肉なのに、塩胡椒しただけなのに、どうしてこんなに美味いのか。早いところ腹いっぱい食べたいものである。

 

だがしかし、炊飯器の表示は炊き上がりまで後15分。肉だけ食っても美味いだろうが、真っ白なご飯と一緒に食いたいだろ?