読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7's Library

小説書いたり本作ったり短歌詠んだり感想呟いたり

Twitter300字ss:願いの万華鏡

小説(掌編)

 

Twitter300字ssで書いた掌編です。

お題:願い

ジャンル:オリジナル、お伽噺風、暗め

 

 ■ 願いの万華鏡 ■

 

夫がくれた筒状のそれは、万華鏡というそうです。

中を覗けば信じられないような美しき世界。

この万華鏡を覗きながら口にした願いは何でも叶うらしい、そう言って、夫は出稼ぎへゆきました。帰ってくるのは月に一度か二度、けれどいつだって土産片手に帰ってきてくれます。

わたくしは野良仕事をしながら、たまに万華鏡の中をうっとりと見つめ、帰ってこない夫のことを思い、日々を過ごしました。

そんなある日、万華鏡を覗きながら、夫の言葉を思い出したのです。

「……夫が早う帰ってきますように」

万華鏡の中が一瞬光ったかと思った次の瞬間、私は見知らぬ世界へおりました。

そして、目の前には夫の首。

 

あぁ、貴方、お帰りなさい。

 

 

※ 同世界観作品 ※