読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7's Library

小説書いたり本作ったり短歌詠んだり感想呟いたり

【第26回】短編小説の集い 一言感想と振り返り

初参加させていただきました【第26回】短編小説の集い(お題:師走)の一言感想と自作品の振り返りです。

 

■ 一言感想 ■

 

読んでて痛快な楽しい作品でした。風刺的なところも良かったです。

オチを匂わせる描写が途中にそれとなく忍ばせてあったら、再読でいろいろ発見できてもっと面白かったんじゃないでしょうかと余計なひとこと。

 

おっさん二人の背景がリアル過ぎてツラかったり切なかったりあたたかかったりでじんわりと染みてくる物語でした。

ただ更新が手作業なら休日出勤分ちゃんと上乗せで見積もり出してね!ってことだけ←

 

展開が読めない面白さがありました。山田さんが哀れでならない……クリスマス一生トラウマになりそう。

 

今回の投稿作品の中で一番好きです。他者との触れ合いにより、主人公の中に父親への思いが少しずつ降り積もっていく過程が丁寧に書かれていて、とても素直に主人公の思いに寄り添うことができました。

 

噛めば噛むほど味が出るみたいな物語で面白かったです。もういくところまでいってください(笑)

 

2番目に好きな作品。幻想的な前半と、リアルな後半。後半の舞台は中東でしょうか。メディアの中でしか見たことのない国と人々に思いを馳せました。

 

ドキドキしながら読んだのですが……最後があっけらかんと明るくて良かったです。

家族でも言わないと伝わらないことはたくさんあるので、大切なことはちゃんと言おうよお父さん!とはなりましたが。

 

 

■ 自作品振り返り ■

短編小説の集いにはずっと参加してみたかったのですが、スケジュール的に毎回逃していました。が、今回企画がなくなるかもとアナウンスされていたので、とにかく何でもいいから書く!って感じで、ほぼ即興(3時間ぐらい?)で書きました。

師走師走師走ってお題出たときからずっと考えてはいたんですけど、5年ぐらい前に東京で働いていたときのことしか思い出せなかったのでその頃を思い出しながら。その頃って365日師走みたいな感じだったので。

実は一部ノンフィクションで、ただ、ノンフィクションではありながらも、その時の出来事が結局どういう意味を持つ出来事だったのか未だに私にはわからなかったので、今回このような形で小説として想像することで、意味を持たせたのだろうと思います。持たせてみても正解だったのかはわかりません。もう二度と答えを知る機会はないので。

ただこの出来事を、私が生涯忘れることはないだろうと思っています。

 

■ 総括 ■

私の作品もそうなのであれですが、半分以上がクリスマスの話でしたね(私の作品は必ずしもクリスマスにする必要はなく、むしろただの平日で良かったような気がしますが←)。書きやすいんだろうなぁと思いました。そういう意図(書きやすいお題ということ)もあって主催者様はお題に選んでるのでしょうが、せっかくの師走なので初詣に行く話とか、学校の冬休みやテストとかもあったら面白かったろうなぁと読者サイドとしては思ってしまいました。

最後に、主催者様と参加者様から感想をいただけてとても嬉しかったです。ありがとうございました。

また時間の許す限り参加していきたいと思っております(また即興にはなるかもしれませんが)ので、どうぞよろしくお願いいたします!