読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7's Library

小説書いたり本作ったり短歌詠んだり感想呟いたり

Twitter300字SS:逢瀬の終わり〜花に愛されし少年と桜神〜

下記の企画に参加します。

 ジャンル:オリジナル、おねショタFT

※Text-Revolutions 第5回内有志企画第4回300字SSポストカードラリー参加作品「花に愛されし少年と桜神(コノハナノサクヤビメ)」の関連作です。

 

 

■ 逢瀬の終わり〜花に愛されし少年と桜神(コノハナノサクヤビメ)〜 ■ 

 

今年も桜が散る季節となった。
「来年もまた逢えますよ」
二十歳前後の女性が、十になるかならずかの少年に笑いかけている。
少年はぶすっとした顔をしているが、女性が彼の体をそっと抱きしめると、諦めたように顔を上げた。
「約束だよ」
「はい」
女性が笑みを深くすると、その体は空気にとけるように消えていく。

 

少年の前には、最後のひとひらまで花が散り落ちた桜の巨木。
彼にしかみえない桜神は、自らが花を咲かせている間しかその姿を維持できないのだ。
それは出逢ったときから変わらない。
けれど。

少年は、地面に散った薄紅色の花びらを踏みにじりたい衝動に駆られながらも、それが彼女だと思えば踏みとどまるしかなく。

 

「散らなきゃいいのに」